ご請求に際しては、すでにお支払い済みの治療費の払戻をご請求いただくこと、または支払いを行うために治療費をご請求いただくことができます。  

以下のシンプルなステップに従って請求を行ってください。 

  1.  
  2. OVHC請求用紙をダウンロードします。
  3. OVHC請求用紙をダウンロードします。OVHC請求用紙をダウンロードします。OVHC請求用紙をダウンロードします。Adobe Acrobatで用紙を開き、必要事項をご入力ください
  4. OVHC請求用紙をダウンロードします。。‘SUBMIT(提出)’ をクリックし、‘Default email application’ さらに ‘Continue’ を選択して、関連書類(医療費の領収書等)を添付のうえEメールで送信してください。.

ヒント:‘SUBMIT(提出)’ をクリックした際に ‘Default email application’ のオプションが灰色で表示され選択できない場合は、フォームをPDF形式で保存し、Eメールに添付して送ってください。その際は件名に保険契約番号を入力し、その他の関連書類(医療費の領収書等)と共に ovhcclaims@allianzcare.com.au 宛に送信してください。

 請求用紙をお送りいただた方には、弊社より受信を確認するEメールが送られます。

弊社は請求の受理から10営業日以内に手続きを行います。ただし上記に加え、(該当する場合)郵送および銀行の決済手続に数日かかる場合もありますのでご留意ください。

すでに支払済みの治療費をご請求の場合は、給付金の送金方法をお選びいただけます。

  • 直接入金(ご指定の銀行口座に入金いたします)
  • 小切手(ご指定の郵送宛先に小切手を郵送します)

支払いを行うために治療費をご請求いただいた場合は、該当する医師/医療機関に弊社が直接送金いたします。遅延なく支払いを行うため、お早めにご提出いただくようお願いいたします。

または、請求用紙および領収書を以下まで郵送いただくこともできます。 

Allianz Care Australia OVHC
Locked Bag 3001
Toowong QLD 4066

待期期間

待期期間とは、保険契約の開始から医療費等の請求が行えるようになるまでお待ちいただく期間を指します。この期間中に行われた医療措置に関して請求を行うことはできません。つまり、その医療措置にかかった費用はすべて自己負担となります。

自己負担費用

契約で定められた給付金以上の医療費が医療従事者により課せられた場合、お客さまに自己負担費用が生じることがあります。この差額は「ギャップ・フィー (gap fee)」とも呼ばれています。ギャップ・フィーはご自分でお支払いいただく必要があり、また保険でご請求いただくことはできません。どのくらい費用がかかるのか、治療または診察をお受けになる前に医師または病院に電話で確認されるようお勧めいたします。

ダイレクト・ビリングが可能な医療従事者のネットワーク

弊社ネットワークのダイレクト・ビリング(直接請求)が可能な医療従事者をご利用いただくことで、医療費の請求手続きを簡略化することができます。この場合、有効なメンバーシップeカードをご提示いただくだけで、医療従事者は保険が適用される医療費を直接弊社に請求します。

ダイレクト・ビリングでは、医師/医療機関は医療費を直接弊社に請求します。お客さまは後に請求手続きを行う必要はありません。

ご希望の方は、ダイレクト・ビリングが可能と明記された医師または医療機関をお選びください。

入院時の自己負担額

自己負担額 (excess) とは、被保険者が保険契約のもと入院または日帰り入院した場合に、保険会社から給付金が支払われる前に自身で支払う必要がある金額を指します。自己負担額は大人一人あたり、一会計年度(7月1日〜6月30日)に一度支払われることになっています。自己負担額は18歳未満のお子さま(保険契約に含まれている場合)には適用されません。

もしお客さまが入院時の自己負担額$500 ($500 hospital excess) のプランをお選びになった場合、病院で治療をお受けになった際は、弊社より給付金が支払われる前に、治療費の自己負担額をご自身でお支払いいただく必要があります。